不安を年除く蜂の巣の駆除|危険がいっぱい

家に住みついたイタチ

イタチ

イタチ駆除は一度行って成功したからと言って二度とイタチが戻ってこない保証はありません。イタチがいたとされる跡が残っているとまた戻ってきてしまう可能性がありますから臭いや痕跡を完璧に消去する必要があります。

More Detail

安心して暮らせます

蜂の巣

ほかの人にやってもらう

家の軒下や庭の木に蜂の巣ができたとしても刺激をしなければ襲われる心配はありませんが、きれいさっぱり駆除をしてしまった方が安心して暮らせるのは間違いないです。ホームセンターなどで売られている蜂の巣の駆除剤を使って取り除く場合は、発見してすぐに駆除に取り掛かれるので、不安を感じる期間を大幅に短くできます。駆除剤の値段も数千円程度ですから懐にも優しいですし、精神的な不安がない方が快適に暮らせるのは事実です。これに対して、蜂の巣の駆除を請け負ってくれる業者さんに依頼をする方法もあり、自分以外の人にやってもらえるわけですから、駆除をしている最中に蜂に返り討ちにされる心配もありません。そもそも、蜂に近づくこと自体が嫌だという人もいるでしょうし、安全に蜂の巣を駆除をするためには習性などに関する知識も頭にインプットしておく必要がありますから、そういった手間が省けるという意味でも魅力的でおすすめできる選択肢です。

蜂を近づけさせない

有害な蜂の巣ができてしまうのを防ぐ最も手っ取り早い方法は、家のそばに蜂を近づけさせないことです。蜂がいなければそもそも蜂の巣ができることもないですし、最初の一匹を駆除することだけであれば経験のあまりない初心者の人でも十分に可能です。最近では蜂が本能的に嫌がる成分の入った忌避剤などがホームセンターに売られていますから、そういったアイテムを使ってみるのもひとつの手です。ただ、24時間にわたって家の周りを見張り続けることは難しいですから、もしかしたら思いがけず蜂の巣ができ始めてしまっているケースも考えられます。そういった場合にそなえて、蜂の巣ができてしまった場合にはどうするかをあらかじめ決めておくことも有効です。そうすれば慌てることなく臨機応変な対応ができます。

外来生物の捕獲

アライグマ

特定外来生物に指定されることで、個人での駆除が認められているアライグマですが、顔に似合わず凶暴な面を思っているので、捕獲の際は細心の注意が必要になります。また、アライグマを捕獲する時の罠は、使いやすくて種類が豊富なカゴ型と、安全に捕獲できるドラム型がよく売れているようです。

More Detail

難しい害鳥の捕獲に

はと

鳩の駆除は、許可をとらなくてはいけないうえ処理法や捕獲も面倒です。これを簡単にするには、専門業者の力を借りるのが一番といえます。専門業者は捕獲から予防対策まで一通りやってくれるので、個人でやるよりも確実で安全です。

More Detail